神奈川の永代供養墓事情

永代供養墓とは、お墓を供養してくれる人がいなくなっても、家族等の代わりに、お寺が責任を持って、永代にわたり供養してくれるお墓のことです。



ほとんどの場合、宗派と問わないことが多く、合祀になっています。しかし数は少ないですが、個人墓でも永代供養墓になっている墓地もあります。費用は一度支払えば、それ以降の支払いは発生しないのが原則です。


納骨堂よりも安くなります。

先祖代々で供養するお墓も、年会費などは要らないことが多いのですが、お墓を建立する、お墓の土地を購入するなど、初期費用がかなりかかります。また、将来的に無縁墓になってしまうこともあり、その管理が問題になります。



子供たちにお墓の管理を押し付けてしまうことを嫌って、永代供養墓を希望する方も増えてきています。

永代供養墓の相場は、10万円から50万円です。
個人墓になると70万以上になります。
神奈川の相場も同じくらいです。


神奈川県内の永代供養墓はおよそ60件ほどあります。


一般のお墓に比べるとまだまだ少なく、2割にも満たない数ですが、これから増えていくと思われます。

minp!が評判になっています。

神奈川県は交通の便がいいところなので、駅に近い、交通の便がいい場所に作られていることが多いです。


また最近はペットと一緒に入れるお墓もあります。


家族がお参りにいきやすいところ、また個人墓がいいのか、合祀がいいのか、歴史のあるところがいいのか、新しいところがいいのか、さらに予算を、家族で考えて、悔いのないお墓選びをしましょう。