神奈川県の永代供養事情

昨今、東京都や神奈川県などの首都圏では、少子高齢化が進み、子どもの数が少ないことから、昔から脈々と続いていた先祖代々の墓を切り盛りしていく後継者の数が減っているようです。
子供がみな女の子だったり、一人っ子などの場合が少なくありません。


東京都や神奈川県は関東の他県に比べて特に人口が多いですが、お年寄りの数も多いのが現状です。
また、住宅事情や経済的な事情などから、お墓の購入を控えるご家庭が多いのが特徴的です。


それでも、みどりの多い神奈川県では、霊園などが非常に人気があります。

ご先祖さまをきちんと供養したいけれど、お寺の檀家になることに躊躇しているご家庭はわりと多くみられます。
今後の煩わしいお寺さんとのお付き合いを控えたいご家庭にはおすすめです。


しかし、霊園は人気があり、購入するのも抽選になることが多いです。

また、ご自分たちで墓石や土地を購入し、管理していくことが必要になってきます。
それでも、お寺の檀家と違って決まった年に親族一同で集まって行う法要も強制的ではありませんので、霊園を希望されて申し込む方は大変多いです。


また、最近ではライフスタイルの変化や後継ぎの問題もあって永代供養が人気を集めています。



永代供養はご先祖さまの宗派のお寺に頼むことが一般的です。
ほとんどの場合、葬儀などでお世話になったあと、そのままそのお寺さんに永代供養を依頼することが多いです。



後世自分たちのお墓を継ぐ子供がいないご夫婦や単身者が、永代供養を申し込むことが多いです。

真剣にT-SITE情報サイトの利用価値をご存知ですか。