神奈川県にも自然葬を望む人は多い

神奈川県は日本を代表する港町である横浜市を県庁所在地に持つ県です。



その神奈川県は日本で東京に次ぐ多くの人口を有する県でもあり、とても多くの人が住んでいるのですが、その反面海や山などの自然に恵まれた県でもあります。
近年では科学文明の発展にばかり目を向けるのではなく、人間も自然の一部であると都の視点を持つことが大事だという考えを持つ人が多くなっており、そういった考えの表れの一つと言えるのが、自分が死んだ後の自然葬を望む人が増えているということです。

毎日新聞関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

そういった人たちは自然の多い県である神奈川県にも大勢いて、現在ではいくつものお寺や葬儀業者が、神奈川県において自然葬が選べるようにしています。

そもそも自然葬とはどんなものなのかと言うと、実は色々な種類のやり方があるため、一言でこういうものだとは説明しにくいものです。
ただそれらに共通している点は、これまで主流だった墓石をシンボルとする墓地に眠るのではなく、より自然に近い形で永遠の眠りにつきたいという願望を叶えるものであるということでしょう。

その種類の代表的なものとしては、海洋散骨と樹木葬を挙げることが出来ます。



海洋散骨はその名前の通り遺骨を海に撒くというもので、自然に帰るという思想に特にマッチしたものだと言えるでしょう。
樹木葬はそれよりも一般的な埋葬に近く、墓石の代わりに樹木を用いるという点が大きな特徴です。


この海洋散骨と樹木葬はどちらも、神奈川県でも行われています。